胸痛

【胸痛】胸痛で病院に行く前に確認したいポイント7つ

チェックリスト

今回は、「胸が痛いとき、病院に行く前に確認したい7つのポイント」について説明します。

「胸が痛い」と思ったら、
自分の痛みがどれに当てはまるのか、
以下のポイントに分けて整理してみてください。

 

1.いつから痛いのか?初めての痛みか?

まず気にしたい点が、「いつから痛いのか」です。

同じ痛みでも、

  • 今、急に痛くなったのか
  • 何日か前から痛みがあったのか
  • 何年も前から時々痛かったのか

では、意味合いが違います。

 

また、

  • 今回が初めての症状か?
  • 今までにも同じ症状が何度かあったのか?(症状が繰り返しているかどうか

というのも大切な情報の一つです。

 

同じ症状が昔からあった場合には、
どのような頻度で症状が起こるのか
というのも気をつけてみるポイントです。

よくあるのは

  • 1日のうちに数回~数えきれないほど起こる
  • 1週間に1~数回
  • 1か月に1~数回
  • 半年に1~数回
  • 1年間に1~数回
  • 今までの人生の中で1~数回程度

というのが、よく見られる頻度です。

 

2.何かきっかけがあったか

痛みが出たとき、「何かきっかけがあったのか」も重要なポイントの一つです。

 

問診でよく見かけるきっかけとしては、

  • ぶつけた、殴られた、などの外傷
  • 大きく息を吸った
  • 激しい運動をした
  • 激しく怒った
  • 重たいものを持ちあげた
  • 食べ過ぎた

などがあります。

 

逆に、全くそういったきっかけがない痛みもたくさんあります。

 

3.どこが痛いか

まず考えていただきたいのは、

痛い場所を指で指し示すことができるのか?
(痛みの範囲は広いのか、狭いのか?)

という点です。

 

「ココが痛い」と、指先程度のきわめて狭い1点を指す方もいますし、
「このあたりが痛いけど、どことはいえない」という方もいます。

 

さらに、

  • 痛みが出るのは身体の右か左か、それとも両方か、
  • 背中側が痛いのか、それとも腹側(身体の前面)が痛いのか、
  • みぞおちやわき腹あたり?
  • 首に近いあたり?
  • 脇の下?

などなど、人によっていろいろな表現があります。

 

また、あなたの痛み、毎回同じ場所が痛みますか?

問診を取ると、ときどき「痛みの場所は毎回変わる」という方もおられます。

 

どこが痛いのか?」は、当たり前のようでいて非常に重要な情報 の一つです。

 

 

4.どんな感じの痛みか

痛みの表現も、個人差がとても大きな部分です。

  • ちくちく
  • ズキズキ
  • ガンガン
  • ドンドン
  • ピリピリ
  • もわーっと
  • ギューッと、もしくはキューっと
  • キリでつくような、針で刺すような痛み
  • 締め付けられるような
  • 裂けるような
  • 重たい感じ
  • 鈍い痛み
  • 鋭い痛み

など、痛みを表す表現のしかたはたくさんあります。

ピッタリするものがない場合も、
「あえて言うなら、どの感じに近いか?」
と考えていただければいいと思います。

 

5.どのくらいの時間、痛みが続くか

痛みの持続時間なんて、あまり考えたことがないかもしれません。

  • 一瞬で治まる
  • 数秒続く
  • 数分くらい続く
  • 数時間くらい
  • 1日以上痛みが続いている

いずれも、大きな意味があります。

 

さらに考えていただきたい点は、

痛みがずっと同じ強さで続いているか?

という点です。

  • 痛みはずっと同じ強さで続いている
  • 痛みが続いているが、症状には波がある
  • 一度すっかり良くなったが、また痛くなってきた
  • すぐに痛みは治まるが、特定の動作をすると痛みがぶりかえす

など、自分の痛みがどんな感じで続いているか、説明できるようにしておいていただけると診断の助けになります。

 

 

6.どのような時に痛むか

  • 息を吸うと(もしくは吐くと)痛い
  • 咳をすると痛い
  • 食事をすると(もしくはおなかがすくと)痛みが出る
  • 階段を昇ったり、重たいものを持ったりなど激しい運動をすると痛い
  • 「手を伸ばすと」「身体をひねると」など、身体を動かすと痛みが出る
  • 身体のどこかを押すと痛みがでる
  • 何もしなくても常に痛い
  • 仕事をしたり、動いていると気が付かないが、黙っていると痛みが気になる
  • 朝方、痛みとともに目が覚める
  • 嫌いな上司(家族、友人、恋人、夫など)と一緒にいると痛みが出る

など、あなたの痛みには、何かタイミングのようなものはありますか?

 

7.胸の痛みのほかに、同時に起こる症状はあるか

  • 呼吸が苦しい
  • 熱が出た
  • 冷汗がでる
  • 吐き気、嘔吐
  • 下痢

など、胸の痛みと一緒に出てきた症状はありますか?

 

どうして「自分の痛み」についてまとめておくことが大事なのか?

[st-kaiwa3]「うわー、痛い!」[/st-kaiwa3]

なんていつも思っていても、

自分にとっては比較的おなじみの、繰り返すタイプの痛みであっても、

いざ改めて「どんな感じの痛みですか?」と聞かれたら、

自分の痛みがどんな痛みなのか
とっさに表現するのは難しいものです。

 

しかしながら、「胸の痛み」を診断するときには
どんな痛みか?」というのが非常に重要なヒントとなります。

 

例えば狭心症など、
問診で7割程度は見当がついてしまうような病気もあるからです。

 

ところが、残念ながら、現時点では「胸の痛み」に限らず
「痛み」を客観的に測る装置などがなく、
患者さんの訴え以外に「痛み」を知る方法がありません。

 

病院では、問診でお伺いした「痛みの性質」から、
どんな病気の可能性が高いか」を考えて検査・治療を行います。

 

つまり、きちんと自分の痛みについて説明することができれば、
不要な検査を受けなくても済む可能性が高く、
医療費や時間の節約にもつながるのです。

 

まとめ

病院では、問診でお伺いしたこれらの点を組み合わせて、
「どんな病気の可能性が高いか」を考えて検査・治療を行います。

 

ですので、「胸の痛み」が起こった時、

  1. いつから痛いのか?初めての痛みか?
  2. 何かきっかけがあったか
  3. どこが痛いか
  4. どんな感じの痛みか
  5. どのくらいの時間、痛みが続くか
  6. どのような時に痛むか
  7. 胸の痛みのほかに、同時に起こる症状はあるか

の7つの点についてまとめておくと、
病院に行ったときに大変便利です。

この項目は、「胸の痛み」以外の症状のときにも使えますので、
覚えておいて損はないと思いますよ。

健康相談受け付けます。

ココナラで健康相談をお受けしています。
興味のある方はこちらからどうぞ。

ワンコイン健康相談引き受けます ワンコイン(500円)で、健康に関する質問にお答えします!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。