ヒートショック

【ヒートショックの症状】ヒートショックを起こすとどうなるの?

身体を蝕む病

ヒートショックの症状

ヒートショックは、血圧が急激に上がったり下がったりすることで起こります。

  • 急激に血圧が上がった場合⇨ほてり、のぼせ感、めまい、立ちくらみなど
  • 急激に血圧が下がった場合⇨めまい、立ちくらみ、失神など

の症状が現れます。

ヒートショックは命に関わる病気を引き起こすこともある

ヒートショック」の症状はそれだけではありません。
急激に血圧が上下動することにより、血管に大きな負担がかかり、

  • 脳卒中(脳梗塞や脳出血など)
  • 心臓病(心筋梗塞・心不全)
  • 意識消失→転倒などによる大ケガ

など、命に関わる病気を引き起こす危険性があります。

「ヒートショック」はどのくらい危険なのか?

「ヒートショック」がもっとも起こりやすいのは「冬のお風呂場・トイレ」です。

実は、入浴中に亡くなられた方の死亡原因の大半に、「ヒートショック」が関わっている と考えられているのです。

実際、家庭のお風呂で亡くなる方は年々増えています。

厚生労働省が発表している人口動態統計をみると、前年の死亡者数や死亡原因、どこでお亡くなりになったかなどがわかります。

平成28年に家庭内で不慮の事故で亡くなられた14175人のうち、家庭内の浴槽で溺れて亡くなった(溺死・溺水)方は5100人と、40%弱を占めていました。

平成28年の1年間で亡くなられたのは、合計して1307748人でしたので、

死亡者全体の0.4%の方の死因がヒートショックと関係する

と考えることができます。

浴槽内で溺死・溺水された方の大半は、65歳以上の高齢者でした。

ちなみに10年前と比べてみると、2006年に浴槽内で溺れて亡くなった方は3316人でしたので、ほんの10年間の間に1.6倍以上に増えていることがわかります。

ヒートショックのグラフ
健康相談受け付けます。

ココナラで健康相談をお受けしています。
興味のある方はこちらからどうぞ。

ワンコイン健康相談引き受けます ワンコイン(500円)で、健康に関する質問にお答えします!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。