伝染性単核球症

「伝染性単核球症」の主な検査と診断基準

血液検査

キスで感染することがある「伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう)」、別名「キス病」。

最近、思春期以降に原因となるEBウィルスに初めて感染し、この病気にかかる方が増えています。

 

今回は、「伝染性単核球症」を疑うときに行う検査、そして診断を行うときの目安(診断基準)について説明します。

 

「伝染性単核球症」を疑うときに行う検査

血液検査

まずは血液検査を行います。

最初は、血算・白血球分画肝機能検査など、健康診断でも行うような一般的な検査を行います。

 

その結果、「伝染性単核球症」の疑いが強いと判断されれば、「伝染性単核球症」の原因ウィルスであるEBウィルスの特異抗体測定など、専門的な検査を行います。

またEBウィルス以外の他のウィルス感染による症状を否定するため、サイトメガロウィルス抗体検査、咽頭ぬぐい液によるA群溶連性レンサ球菌迅速検査などを行います。

 

以上より、「伝染性単核球症」の診断のためには、通常は複数回の血液検査が必要となります。

 

伝染性単核球症」のとき、血液検査ではどんな特徴がでるの?

伝染性単核球症」の血液検査には、いくつかの特徴があります。

 

伝染性単核球症」ではリンパ球が増える

伝染性単核球症」の血液検査の特徴として、まず第一に挙げられるのが

リンパ球(白血球の一種)が正常よりも明らかに増える

ことです。

 

リンパ球を含むすべての白血球の正常値は3300~8600/μL

白血球のうちリンパ球の割合は男性で26.8~43.8%、女性で24.5~38.9%

とされています。

 

これが「伝染性単核球症」になると、

リンパ球だけで4500/μL以上、割合では50%以上

に上がります。

 

さらにリンパ球のうち、通常ではほとんど見られない異型(いけい)リンパ球が10%以上 出現していれば、かなりの確率で「伝染性単核球症」と診断できます。

 

伝染性単核球症」では肝臓の数値が悪くなる

また「伝染性単核球症」の場合、ほとんどのケースで肝機能障害が出現します。

AST、ALT、ALPの上昇をはじめ、40%の例ではビリルビンも上昇します。

 

伝染性単核球症」と診断するときに必要なウィルスの検査

さらに確定診断のために、EBウイルス特異抗体の検査を行います。

EBウイルス特異抗体には3種類あり、それぞれ

  • Virus capsid antigen(VCA)抗体
  • early antigen(EA)抗体
  • EBV nuclear antigen(EBNA)抗体

と呼ばれています。

伝染性単核球症」の診断目的にはおもにVCA抗体を使用しますが、目的に応じてEA抗体EBNA抗体を組み合わせて利用します。

また、急性期と回復期に採血を行うこともよくあります。

 

VCA抗体について知る

VCA-IgM抗体EBウイルス感染の急性期に検出され、3カ月後には消える抗体です。

したがって、これが上昇しているということは、現在感染の急性期であるということを示しています。

 

VCA-IgG抗体は急性期から陽性化するのですが、本格的に上昇するのは回復期です。

この抗体は一度できると生涯陽性が持続するとされています。

したがって、VCA-IgG抗体が陽性である、ということは「EBウイルスに感染したことがある」(今感染しているかどうかはわからない)ということを示します。

 

EA抗体について知る

EA抗体は急性期の終わりころから陽性になり、数か月後には消えてしまいます。

急性感染の指標となりますが、感染があっても陽性にならないこともあります。

 

EBNA抗体について知る

EBNA抗体も感染後に上昇する抗体で、おもに6~12週間後に陽性となります。

この抗体も生涯陽性が持続します。

 

「伝染性単核球症」の診断基準

伝染性単核球症」の診断基準として、以下の項目が用いられています。

 

ちょっと専門的で難しいので、

「伝染性単核球症」の診断には、症状と血液検査が大切

ということを覚えておいていただければよいと思います。

 

この診断基準は小児の診断を行うために作られたものです。
成人には明らかな診断基準がないので、おおむね小児のものと同様の手順で診断されています。

正確な診断には何度か採血が必要となります。
血液検査のみかたは上の説明文をごらんください。

臨床所見;以下のうち3項目以上を満たす

  • 発熱
  • 扁桃・咽頭炎(のどがはれる)
  • 頸部(けいぶ)リンパ節腫脹(≧1㎝)
  • 肝腫大
  • 脾腫(脾臓は身体の上から触れば腫大しているとみなします)

検査成績;

  • 末梢血リンパ球数≧50%あるいは≧5000/μL
  • 異形リンパ球数≧10%あるいは≧1000/μL
  • 異形リンパ球あるいはHLA-DR+T細胞≧10%もしくは≧1000/μL

血清学的所見;

  • 急性期VCA-IgM抗体陽性、のちに陰転化
  • VCA-IgG抗体の4倍の上昇
  • EA抗体の一過性の上昇
  • 急性期VCA-IgG抗体陽性でのちにEBNA抗体が陽転

 

まとめ

伝染性単核球症」を疑うときに行う検査、そして診断を行うときの目安(診断基準)について説明しました。

 

診断基準に挙げられている症状は、いずれも「伝染性単核球症」の3大症状として知られる非常に有名なものです。

これらの症状を覚えておき、キスや口移し・回し飲みなど、他人の唾液に触れる ような行為をした1か月後くらいにこれらの症状が出てきたら、一度病院を受診してみましょう。

 

 

健康相談受け付けます。

ココナラで健康相談をお受けしています。
興味のある方はこちらからどうぞ。

ワンコイン健康相談引き受けます ワンコイン(500円)で、健康に関する質問にお答えします!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。